スポンサーリンク

喉の痛み治し方伝授!妊婦・授乳中・子供もOK

喉の痛み

と言えば風邪初期症状のひとつですね。
この痛みが酷くなる前に治す事が、風邪を悪化させるかどうか運命の分れ道

この時こそ、喉に良い食べ物や飲み物をとり入れたり、
生活環境を見直す事が大事です。

ちょっとした心がけが風邪悪化防止です。
寒いですが、負けないで頑張りましょう!


スポンサードリンク


   

喉はウイルスを迎える玄関


普段、鼻と口から何気なく空気を取り込んでいますが、
空気が乾燥する季節になると、鼻や喉の粘膜も乾燥します。

それと共に、寒さと乾燥を好む風邪の細菌やウイルスの活動も盛んになります。
乾いた喉に付着し、咽頭(いんとう)や扁桃(へんとう)に
感染・増殖を始めると、私たちは痛みを感じる様になります。

風邪の初期症状であるからこそ、ここできちんと対応する事で、
多くの場合は風邪の悪化を防ぐ事が出来ます。




喉の加湿は大切


乾燥が大好きな風邪菌を退治するには、
風邪菌が生存しにくい状態にする事が一番です。

この為には湿度を50%近くに保つのが理想的です。
家の中の湿度を加湿器等で調節したり、マスクを付けて保湿しましょう。



うがい 喉の痛み




うがいに勝るものは無し


喉の痛みを治し、風邪の悪化を防ぐのに、
何よりも有効的な方法はうがいです。

喉に付着している菌を殺す効果のある、
うがい薬や緑茶、紅茶も良いですが、
私がお勧めするのはです。

以前、私が歌の先生から教わった塩水うがいですが
これで何度も助けられています。
個人的には市販のうがい薬より効果的だと思います。


【塩水うがいの方法】


◆ 温かいお湯300mlあたり小さじ1/2弱程度のを入れる。
◆ 3~4時間に1回うがいする。
◆ うがいの後しばらくは何も飲んだり食べたりせずに、
  塩の殺菌効果が浸透するのを待つと更に効果的!

塩水うがいの良い所は、塩水が鼻にまわっても痛くないので、
わざとのどから鼻に回すと、鼻水が出て鼻をきれいにするところです。

私は鼻うがい(鼻洗浄)が上手く出来ないので、自己流かもしれませんが、
この方法で鼻の菌を外に出しています。





 生姜



生姜とアロエをのど飴替わりにする


市販ののど飴は外出している時、イガイガが急に襲って来た時に役立ちますが、
沢山舐めていると、逆に喉が乾燥してきます。

そこでお勧めなのが、生姜またはアロエをスライスしたものを
のど飴の替わりになめる方法です♪

噛まずに口に入れておいて、汁気が無くなって来たら、
ちょっと噛みます。

糖分を含まず、殺菌効果もある生姜とアロエは、
しゃぶりながら寝ても虫歯になりません。
(少なくとも虫歯が多くて、糖分に超敏感な私はなりませんでした。)

ひと切れを数時間もたす事も可能なので、経済的でもあります。笑
喉がはれて痛くて眠れない夜も、生姜とアロエに救われました。


 アロエ 葉





喉に良いのみもの


• 喉が痛い時は冷たい飲み物は禁止です!

• お湯に生姜ハチミツ、少量のレモンを入れて飲むと効果があります。
生姜の抗菌作用、消炎作用、発汗作用とはちみつの抗菌作用や潤す力
喉の痛みにピッタリです。

• 何よりお勧めなのが、ペパーミントティーです。
ペパーミントにも、抗菌作用、消炎作用、発汗作用等の色々な効能があるあります。
ハチミツをたっぷりにレモンを少し入れて飲むと、喉の痛みが和らぎます。

子供にも飲める味ですので、我が家ではお薬として息子が2歳位の時から、
風邪気味の時には直ぐに飲ませています。
そのせいもあってか、大きな風邪をひいたことがありません。

※注意:子供によっては副作用が出る場合もあるので、
始めて少しずつ与えて様子を見ましょう。
我が家でも子供には多くても40ml位しかあげません。



ペパーミントティーは新鮮な葉からも作れますが、
お手軽なのでティーバッグを愛用してます。




喉をあたためる


マフラー等を巻いて喉を暖めてあげましょう。
昔(昭和の時代 笑)喉に暖めたネギを巻きましたが、
これは今でも有効の民間療法です。
暖め効果+ネギの消炎作用を利用しています。



 親子 雪かき



声をなるべく使わない


当たり前なのですが、小さい子供がいるママには、とっても難しいですね。
この時ばかりはガミガミ言わずに頑張ってみましょう。笑
「喉が痛くて大きな声だせないから、小さな声で話そうね。」
と言っておきましょうね。

また、ヒソヒソ声は逆に喉に負担をかけます。
普通の話し方を小さい音量にする感じが一番です。


           ★


喉の痛みって、辛いですよね。
早めの対処で、風邪の悪化を防ぐ事が出来ればと思います。

まずは自分で出来る限りの事はして、
それでも風邪の症状が出て悪化してきたり、
辛くなってきたら、無理せずお医者さんに行きましょうね。



最後までお読み頂きありがとうございます。
もしよければ、シェアー、ブックマークをして頂けると嬉しいです。
コメントもお気軽にどうぞ。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする