スポンサーリンク

ロビー活動を分析<その2> 汚れた東京オリンピックで勝つ?! 

さて、日本の必死たるロビー活動のせいでしょうか、

日本が2020年オリンピック開催地に選ばれましたね。

日本で行う事に関しては、賛否両道の意見が飛び交ってます。


この所、オリンピックのロビー活動について調べていたら、

あまりにもドロドロしているので、当初のタイトルは代える事にしました。


反対派の意見は当然の事ながら、

放射能汚染問題への対応が開催までに収束するとは思えない。

原発事故またいつ起きるかわからない日本で開催するべきではない。

等ですね。


ロビー活動にあたって、日本が使った税金は一体幾らなんでしょうか?

安倍首相は国際オリンピック委員会(IOC)総会で、前夜までロビー活動を行い、

積極的な「トップセールス」を展開したそうです。


首相にとっては、

招致に成功 → 首相が掲げるデフレ脱却へのはずみという理由付けが出来る
招致に落選 → 政権のダメージにつながる

という図式だそうです。

ロビー活動で既に多大なるお金が使われたと思いますが、

東京開催が決まった以上、

本当にこの機会を日本のデフレ脱却へ向けて、

ただの無駄遣いで終わらない様にして頂くしか無いです。




東京でオリンピックを開催する事で、日本が海外から注目を浴びるのは確かです。

日本政府が国民を騙すような行為が、海外を騙せるとは思えないですし、

日本に自国の選手を送り入れる以上、安全性を細かく問われますので、

放射能汚染問題にきちんと収束をせざるを得ない状況が

出来上がった様にも思うのですが
、皆さんはどう思われますか?


             ★


それにしても、オリンピックはロビー活動に染まりまくっていますね。

健全なるスポーツのイメージとは裏腹に、政治と大差なく、

いやそれ以上にロビー活動の影響力がある様です。



2020年のオリンピック競技からレスリングが除外された件も、

レスリングがテコンドーにロビー活動で負けてしまった様です。

レスリングは自分達が除外されるなんて思っていなかったので、

ロビー活動をあまりしていなかったそうです。。。

「お金出したら出場させてあげるよ」という事ですか。

酷いですね。



更には、競技の勝敗もロビー活動が左右するそうです。

日本人は国際的に見て、自己主張とか自慢とか苦手な方ですし、

武士道とか侍(サムライ)魂を美徳とするので、

裏工作なんてとんでもない、という所があると思います。


ただ、残念ながら、このままでは、自己主張で成り立っている、

勝つ為なら何でもする国際社会では、負けてしまう
のも事実です。

「謙虚」というコンセプト自体、戦いの場では理解してもらえないですし、

言った者勝ちという世界が、オリンピックを仕切っている訳です。


ロビー活動も必ずしも汚い手を使う事だけではないので、

日頃から頑張っている選手が勝ちやすくする為に、

その選手達の良きところを主張したり、

出るべき所でアピールしたりはもっとするべきではないかと思います。


日本人選手もこれからはキムヨナ選手ほどまでとは言いませんが、

大きな目で戦略を立てないと、汚れたオリンピックで奇麗に勝つなんて事は

出来ない
でしょうね。



そんな、汚れまくったオリンピックに、

放射能汚染で汚れまくった日本が選ばれて、

これからどれだけ多額の汚れた金が動く
のでしょうか。


東京都が開催に向けて積み立てている資金が約4000億円

新たに整備する競技会場等の建物の見積もりが約3831億円

もし、資金不足になれば、政府が保証することになるそうです。

この莫大なオリンピックの費用を払っても、開催が黒字になれば良いですが。

そして、その収益がこの国の原発廃止等の汚れの無い未来に使われるのならば、

オリンピック開催も悪くはないのかと思いますが、


まぁ、それは楽観的、非現実的な理想でしかないでしょうか。

残念ながら。。。