スポンサーリンク

黄色や緑色の鼻水に注意!急性副鼻空炎?鼻水が止まらない原因は?

急性副鼻空炎

になった事ありますか?

私は昨年11月に風邪をこじらせて、
始めて副鼻空炎になってしまいました。

風邪から始まり、鼻水がこれでもかという程で続け、
黄色や緑色の鼻水が出るので、
まるで脳みそが流れ出ているのでは無いか?
なんて疑ってしまうくらい、辛かったです。。。

更に中耳炎にまでなってしまったので、
本当かなりみじめな思いをしました。

抗生物質をしっかり10日ぐらい摂ってやっと治りました。

そんな、辛い急性副鼻空炎について、
私の体験談も含め、まとめてみました。


スポンサードリンク



急性副鼻空炎ってなに?


簡単に言えば、顔の骨にある空洞(副鼻空)にが溜まっている状態です。
良く耳にする『蓄膿(ちくのう)症』とは、慢性副鼻空炎の事です。



急性副鼻空炎のサイン


副鼻腔炎の場合、鼻水の色は黄色緑色です。
鼻の中で菌が戦い死んだものが黄色や緑色の鼻水です。

副鼻腔炎の症状に、
 ◆ 頭痛
 ◆ 目の痛みや腫れ
 ◆ 目の下辺りの顔の腫れ、
 ◆ 鼻の上辺りのおでこの腫れ等

があります。


私がなった時は、鼻に炎症の様な悪臭も感じられ、
頭を下向きにすると、何かが頭に重たく圧迫をかけている感じがしました。

目も充血したり腫れたりして、少し痛みもありました。
明らかに普通の風邪と状態と違うので、
多くの人はこの位の時点で、いつもより酷い鼻風邪だと気づくと思います。

副鼻腔が奥歯の根にも近いところにある為、
歯に不快感を感じる場合もあります。
また、歯の根に問題がある場合は、
歯の根の炎症が原因で副鼻腔炎になる場合もあります。



  副鼻腔炎 女性


どうして急性副鼻空炎になるの?


風邪が悪化して鼻にウイルスや細菌が繁殖し、膿が副鼻空に溜まってなります。
副鼻空に溜まった膿がやっかいなのは、鼻水として外に出られないまま、
副鼻空に溜まる状態が続く事です。

一度、副鼻腔炎になった人は、
副鼻腔炎になり易くなっている傾向にあるので注意が必要です。





副鼻腔炎の治療法


早い段階できちんと治療をすれば、
抗生物質などを服用するだけで治りますが、
ひどくなってくると手術が必要となるので、
早めに医者にかかりましょう。

副鼻空炎かどうかの確認は、医師がレントゲンで見ると
膿が溜まっている部分が白く表れる事でわかります。


急性副鼻腔炎は治るまでに時間がかかります。

最初に風邪の症状で、既に2週間位辛い思いをしているのに、
更に3−4週間以上も副鼻腔炎で苦しむ事になるので、
二度となりたくないですね。





副鼻腔炎と後鼻漏


鼻水が鼻から出ず、喉の方に降りて行く症状の事を
後鼻漏(こうびろう)と言います。

急性副鼻空炎を放っておくと慢性化する危険性がありますが、
副鼻腔炎の慢性症状の1つに後鼻漏があります。

後鼻漏が原因で、
  ◦ 口臭や歯周炎
  ◦ 膿性の痰
  ◦ 慢性気管支炎・肺炎
  ◦ 慢性食道炎・胃炎等

等に悪化する恐れがあります。

急性副鼻腔炎かなと思ったら、迷わず耳鼻科にかかりましょう。


  ティッシュの箱


副鼻腔炎の症状を和らげる方法は?


私の体験からは、鼻うがいをする事で、
溜まった膿みが出やすくなると思います。

鼻水が鼻から出なくても、鼻うがいをすると、
黄色(緑色)の鼻水の塊が結構出てくるので驚きます。

ただ、鼻うがいをした後に、鼻を強くかむと中耳炎になる可能性があるので、
気をつけて下さい。




サプリや漢方の力を借りる


1)プロポリス

天然の抗生物質と呼ばれるプロポリスは、花粉症に効くと言われていますが、
風邪の時に抵抗力をあげたり、鼻炎一般にも効果があるとされています。


★ ↓↓ プロポリスの事はこちらにまとめてます ★
花粉症にはプロポリスが効果的?副作用は?子供に安全?

私も愛用していますが、副鼻腔炎の時も飲んでいました。
早く回復するお手伝いをしてくれる強い味方です!

プロポリスを鼻洗浄に使う方もいる様ですが、
私はまだ試した事はありません。



2)漢方薬

蓄膿症(副鼻腔炎)によさそうな漢方薬を2種類見つけました。
次回、日本に帰ったら、ぜひ買ってきたい漢方薬です。


◆ チクナイン (小林製薬)

9種類の生薬からなる「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」という漢方薬です。
9種類はシンイ、チモ、ビャクゴウ、オウゴン、サンシシ、
バクモンドウ、セッコウ、ショウマ、ビワヨウです。
鼻の奥の炎症を鎮めながら、膿(うみ)を抑える作用があり、呼吸を楽にしてくれるそうです。
 



◆ 葛根湯加川キュウ辛夷エキス錠 (クラシエ)

その名の通り、葛根湯+川(せん)キュウ+辛夷(こぶし)を配合しています。
葛根湯は血行促進作用、川キュウは排膿作用、
辛夷には血管拡張・血行促進・発汗利尿作用・鎮炎作用・膿を出す作用があります。
鼻炎・鼻づまり、蓄膿症(副鼻腔炎)に効くそうです。









もし、副鼻腔炎かな?と思われている方は、
早めに医者にかかりましょう。


私は医者に行くのが遅れ、更に行った医者2名が処方した薬が効かず、
3人目の医者が処方した薬(抗生物質含む)で治りましたが、
1ヶ月半位、風邪から副鼻腔炎で苦しみました。

普段、抗生物質を取るのはさけているのですが、
この時ばかりはそうも行っていられませんでした。

しっかり抗生物質も飲んで治してよかったと思います。

皆さんもお大事に♪

   →赤ちゃんと子供の鼻水対策はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございます。
シェアーして頂けたら嬉しいです!


コメント

  1. 山じい より:

     とても、解かり易い解説で面白かったです。
    私は、慢性副鼻腔炎の手術を40年以上前に受けました。今は風邪を引いた時、鼻汁が出るだけです。
     その頃、この記事があったら、よかった^^

  2. ペコ より:

    山じいさん、
    コメントどうもありがとうございます!
    手術をされたんですか。
    でも、40年経っても風邪の時だけの鼻水とは、手術の効果があったと言う事ですね ^^

  3. かずず より:

    すごく丁寧な解説ありがとうございます!