スポンサーリンク

仏滅結婚式大賛成~迷信と立ち向かって幸せ掴もう♥

仏滅に結婚式


大賛成の管理人です。

まだ読んでいない方は
仏滅に結婚式が何故イケナイ?!
もどうぞ。

仏滅は六曜のひとつで、中国で生まれたとされていますが、

暦としてどの時代からあったのかは、わかっていないそうですね。


では、次にもう少し詳しく六曜の事、そして仏滅と仏教には関係があるのかを見てみましょう。


スポンサードリンク



日本での六曜の広まり


中国から日本に六曜が伝来したのは、

鎌倉時代(1185-1333年)末期から

室町時代(1336–1573年)にかけてと言われています。

六曜の名称、解釈、順序は少しずつ変わり、1800年代の始まり頃から

今の形になったそうです。

そして、江戸時代幕末頃(1853–1868年)から民間の暦で広まり始めました。

明治時代(1868–1912年)になり、

政府が吉凶付きの暦注は迷信であるとして禁止された時

何故か六曜だけは迷信としては扱われず

引き続き暦に記載されました。

これが更に人気を呼んだそうで、

多くの暦注の中でも六曜は歴史が浅いにも関わらず、

第二次世界大戦後の大流行となり、現代の日本に広まりました。

そんな、六曜ですが、行政等の公共機関が

作成するカレンダーでは使用されていません。

理由としては、六曜が根拠のない迷信である

また無用な混乱を避けるため、等と言う事です。


     仏

仏教と仏滅の関係


仏(ほとけ)という文字が使われている為、

仏教や仏事と関わりがありそうに思われがちですが、

実は仏教とは全く関係がありません

むしろ、お釈迦様は占いを禁じています。


こちらが涅槃経※(ねはんぎょう)からの引用です。

如来法中 無有選択 吉日良辰
  (如来の法の中に吉日良辰を選ぶことなし)

お釈迦様は、良い日、悪い日、良い方角、悪い方角等を選ぶ事は無いと

教えています。

宗派によっては、迷信、俗信はタブーとまでしています。

涅槃経は、『大般涅槃経』(だいはつねはんぎょう)の略称で、大般涅槃(釈迦の入滅のこと)を叙述し、その意義を説く経典類の総称の事です。





仏滅結婚式は不幸になる?



さて、今まで読んで頂いたら、皆さんも六曜だの、仏滅だのが

迷信からきている事はおわかりになったと思います。

そうとはわかっていても結婚式の日取りにおいては、

仏滅は避けるべきだと言う考えが今でも広まっていますね。

それは、結婚が、本人達だけでなく、親、親戚、上司などの

ゲストがどう思うか、という配慮からきている場合が多い様です。


しかし、本人、親が気にしないのであれば、

その旨をゲストの方達に伝えても良いのではないでしょうか。


仏滅の日は会場が空いていますし、

『仏滅プラン』などとうたった、割引プランも用意されています。

費用を押さえられるし、更に式場のスタッフもあまり混んでいないので、

ゆとりを持って対応して下さるでしょう。



でも、縁起を担ぐ事を気にされる方は、迷信深い方は、何を言っても、

   仏滅=悪い日 

のイメージは変えられないでしょうね。


根拠が無くても、信じているだけで、人間にすごいパワーをもたらしてしまう事って

沢山ありますしね。



仏滅にご結婚される方は、仏滅は単なる迷信という事を周りにも理解して頂いて、

自分達の幸せは日取りにも、何にも左右されないという信念を持って

強く立ち向かえば、

仏滅結婚式であろうが、これから一緒に幸せになる第一歩を踏み出せる事でしょう。


ほら、

「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」

の解釈を忘れないでください。

ふたりが一緒になって、これから新しい人生が始まるのに、

最適な日
ではないでしょうか。

式場探しのお手伝いはハナユメ割引がオススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク