スポンサーリンク

痰で苦しむ赤ちゃん・子供〜どうやって痰を出しやすくする?

痰と咳。

切っても切れない縁ですが、とても苦しいですよね。

私は11月の初めにかかった風邪をこじらせてしまって、
今だに咳と痰と戦っています。

この胸の辺りできゅ〜っと来る感覚。
痰が絡んでなかなか出ない。
咳をしても上に上がって来ない。。。

一体、痰とは何なんでしょうか?


ほら、子供は痰を外に出さずに、ゴクンと飲み込んでいますよね?

こんな風に飲み込んだら、また痰となって、永遠に痰の出る咳が出続けるのでは?

何て疑問に感じたので、痰について調べてまとめました。


スポンサードリンク



痰って何?


痰って実は健康な人でも分泌されています。

痰は呼吸器系(肺や気管支)で作られる粘液の事で、
鼻腔からのものとは異なります。

痰には呼吸器系に侵入してくるを絡めとって
対外に排出する役目があります。

また、ウイルス細菌等と戦った白血球が死んだ物も唾液に混じり、
痰となって外に吐き出されます。

痰の成分は、糖タンパク、免疫グロブリン(抗体)、脂質を含む水ですが、
遺伝子、気候、免疫系の状態によっても左右されます。





痰の色はナニ色?



絵の具


痰の色は通常は透明や白色ですが、
主に気道の感染の時には黄色っぽい色になります。
菌やウイルスを殺そうと白血球が戦い、
その後の死骸が含まれると黄色や黄土色になります。

また、感染した菌が緑膿菌等の感染症の場合や蓄膿症の場合の痰の色は、
緑色や黄色がかった緑色となります。 

痰の色から色々な病気が疑われますが、
少しでも異常を感じたら医師に相談しましょう。





痰は高温多湿


体内の痰は、高温多湿の状態で、
細菌も繁殖しやすくなり、
感染を起こしやすくします。

気道にある痰は息をする時の妨げになり苦しいので、
吐き出すと楽になりますが、
高温多湿の痰を外に出す利点がもう1つありました。





痰は飲み込んでも大丈夫?


子供は痰を出す事が出来ないので、咳と共に上にあがって来た痰を
飲み込んでしましますね。

親としてはこれで大丈夫なのか心配ですが、
痰の成分の事を考えると、特に飲み込んで悪いものは無く、
飲み込んだ痰は、痰に含まれる菌も一緒に胃液に消化されてしまうので、
特に心配はいらないようです。


咳 男の子




痰を出すためには


痰は水分がなくなると粘り気が強くなり、さらに排出しにくくなります。

まずは、とにかく水分を沢山取り痰を柔らかくする必要があります。
冷たい飲み物は気管を収縮して咳を促すので、暖かい飲み物を飲みましょう。

合わせて、室内の空気乾燥も大敵ですので、加湿器をつけたり、洗濯物を干す等して、
適度な湿度を保つ必要があります。





痰を出すコツ



1)喉を潤す

喉が渇いている時に咳をしても痰は出にくいです。
白湯を1〜2杯飲んで、数分すると痰が出やすくなります。


2)痰を移動させる

痰は空気の流れで移動するので、無闇に咳をするより、
ハーハーと息を何度も吐いて、胸につかえた痰を上に移動させてから、
咳と一緒に痰を出すと、大きな咳が喉に負担を与えるのを少し妨げられます。


3)咳を数回に分ける

こちら↓↓にも書いた咳の仕方ですが、
咳が止まらない夜の対処法★子供にも効く民間療法

1回大きな咳をゴッホ〜ンとするより、
3〜4回に分けて、ゴホ、ゴホ、ゴホ、ゴッホ〜ンとすると、
最初の数回の小さい咳で痰が出やすくなり、
最後の1回で痰が外に吐き出されます。


4)タッピング

張り付いている痰を、振動で動かしてあげる方法です。
背中を軽くトントンたたいてあげると少し痰が出やすくなります。
自分の時は、胸を軽くトントン叩きます。





赤ちゃん・子供と痰


赤ちゃんや子供がゼーゼーしていると、
お母さんはいてもたってもいられないですよね。

しかし残念ながら、親として出来る事は限られています。
部屋の加湿水分をこまめに与えるようにしてあげましょう。

また、お子さんの胸をさすって上げると、痰が切れやすくなります。
咳をしている時にゲップを出す時の様に、背中を叩くと痰が出やすくなります。

そして、なるべく早く小児科医に診てもらいましょう。





適度な湿度・室温とは


風邪やインフルエンザを予防する適度な湿度は50〜60%と言われています。
痰と戦っているときもこの湿度は保ちたいですね。

しかし、湿度が高くなりすぎるとカビの原因ともなりますので、注意が必要です。

尚、風邪の時は、室温を20〜25℃と暖かめに保ち、体を温めましょう。
そして、朝方の急激な気温の低下は咳を誘発するので、適温を保つ工夫が必要です。





換気も忘れずに

外が寒いと窓を開けたくなくなるのですが、
風邪予防には換気が大切。

特に家族に風邪をひいている人がいる場合は尚更です。
家族全員に風邪が広まらない為にも、頻繁に換気をしましょう。





そして、何より。。。

もし風邪をひいてしまって、咳、痰で苦しんでいるなら、
酷くなる前に医師に診てもらいましょう。

苦しい咳も、痰を出やすくしたり、キレやすくする薬で、
かなり楽になります。

咳はただでさえ長引く傾向にあるので、
苦しい期間はなるべく短くしたいですね。



           ★



アメリカの暖房はセントラルヒーティングで、家中暖かくなるのですが、
その為、暖房の微調節は出来ませんし、室内はひどく乾燥します。


私の風邪が長引いているのも、適度な湿度が保てていない事、
医者に診てもらったのが遅かった事、
室内の換気が悪かった事等があげられると思います。

それに加えて、忙しくて寝不足だったりしてました。


体調管理って、頭でわかっていても、実践するのが中々難しいです。 汗


そう言えば、毎年11月頃に風邪をひくので、
これを教訓に、来年は早めの風対策をたてようと心に誓ってます。

風邪をひいている皆さん。
お大事に〜







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする